日本心臓血管内視鏡学会 学会誌「心臓血管内視鏡(Angioscopy)」

編集委員会からのお知らせ

2015年09月09日 完全オンラインジャーナル化について

「心臓血管内視鏡」は、第2巻(2016年春発行予定)より冊子体を廃止し、オンラインジャーナルのみでの提供となります。

学会運営において予算削減は喫緊の課題であり、印刷費や会員への送料など機関誌発行にかかるコストを可能な限り抑えることが求められています。一方で、「心臓血管内視鏡」編集委員会では国内最大級のオンラインジャーナル・プラットフォーム「J-STAGE」を活用することで、採択論文を迅速かつ恒久的に公開する基盤整備を進めてまいりました。早期公開、論文への動画添付受付なども開始し、会員の皆様の研究成果を発信するツールとして今後も更なる利便性を図っていく所存です。

完全オンラインジャーナル化につきまして、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

2015年07月09日 早期公開について

「心臓血管内視鏡」では、採択論文をいち早く世界に向けて発信するため、J-STAGE の早期公開機能の利用を開始しました。今後も会員の皆様からのより多くのご投稿をお待ちしております。

【「心臓血管内視鏡」 J-STAGE トップ 画面 】


2014年06月17日 J-STAGE登載について

このたび、学会誌「心臓血管内視鏡」がJ-STAGE登載の優先誌に選定されましたのでご報告いたします。

J-STAGEは科学技術振興機構(JST)が運用する科学技術情報関係のオンラインジャーナルプラットフォームであり、投稿いただいた論文を広く世界に公開するための有益なツールと考えます。

会員の皆様からのより多くのご投稿をお待ちしております。


2014年04月28日 論文受付開始のお知らせ

日本心臓血管内視鏡学会では、会員の学術交流促進をめざし、このたび機関誌「心臓血管内視鏡」を創刊いたす運びとなりました。

学会では心臓血管内視鏡に関するものおよびその発展に寄与する内容で、臨床ならびに基礎研究に関する論文を募集しております。和文・英文論文ともに随時受け付けます。

なお、投稿された論文は編集委員会にて査読が行われ、採択後に雑誌掲載となります。投稿規定に則り論文を執筆いただき、十分に推敲のうえ、ご投稿いただきますようお願い申し上げます。

会員の皆様の研究成果を広く世界に発信する機会と考え、多くの方からのご投稿をお待ちしております。

2014年4月
「心臓血管内視鏡」編集委員会
編集委員長 高野雅充